2020年6月22日月曜日

taufe 閉店のお知らせ ~blog(一旦の) ラスト†



本題の通りです、


これまでに賜りましたご愛顧こころより感謝しております。


ジャスト7年!!!
本当にありがとうございました。





たった されど・・・そんな風に言うのは簡単ですがめちゃくちゃ濃密な時間でした。
色んな事があったなぁ そしてこの経験がまた次の僕を創り上げていくでしょう。

けっこうひとつひとつ覚えてるもんです、
共に成長できた方々にはスペシャルサンクスです☆

もう少しここ二条で続けたかったのも本音ですが
こればっかりはどうしようもありません。



向かいにあった喫茶店さんも、角の自転車屋さんももうなくなって..
あの頃と風景はどんどん変わり、時は移り変わるものとは言え寂しいな。

taufeは2階なんですが、ひと月ほど前に1階の服屋さんも閉店されました。。



そしてそしてコロナ時代とも言われる大変な時期。


正直、なにかとめちゃしんどいけど乗り切って超えてゆくしかない。


それでもまた春はやってきて綺麗に桜は咲く。


ん?これ桜??





さて人生は旅のようで、僕は次の駅に降り立つところなんだと思います。


これまでに出来なかったこと taufeを優先にして犠牲にしてきたこと・・・

そういうのを心置きなくやっていこうと考えてます。
音楽とか お誘い頂いてた仕事とか

一度きりの生涯まだまだ素敵なものにしたいですしね(^^)
とりあえずは一旦ゆっくりしたい(というかさせてあげたい笑)です。
願わくば優しくて穏やかな日々に身を投じたいなぁ。

...なんかこんな書き方したら生命が尽きる前みたいですね、フランダースの犬最終回的な(^^;



未来も、僕が更に僕らしい光を放って生きれるように臨もうと。
まあそれ一択です。


そして僕が言い続けてきた人と人、温度、人間性
どうかそれらが失われませんように
ファッションが真に幸福なものでありますように


それと、、
大変おこがましいのですがtaufeのようなスタンスのお店が現れて欲しい。笑



taufeを、セレクトショップとして(服100%として)続けていったら..
シンプルにまあ生きていけないんで、それがやりたくてももう出来ないから。

こんな時は決まって自分の生まれた破綻した家庭や複雑な環境を恨んだものです
でも今はそんなにそういう感情もなく。むしろ感謝ですね、大人になったわ。





この決定に関しまして、いま日本を震撼させてるコロナとは(ほぼ)関係ありません。
実は水面下..いや心の奥底でずっと葛藤してたことです。特に2018以降は。。


今後個人でショップ始めようって方、厳しいのは間違いないと思うんですけど、
家族環境的なハンデ背負いながらの僕でもここまでやれたんで状況真っ暗ではないですよ


長い目で見れる現実状況と強い精神をもって頑張って欲しいです!









※店舗の営業は2020年6月末~7月頭位マデとなります。

また詳しい流れ・日にちが決まればSNSで告知しますので見ておいて下さい。
LASTセールも店頭のみで約10日ほどですが始まりますので是非とも顔を出してくださいね。



「さみしい~~」なんて感じてくれる人、一回でも多く会いに来てね◎

※7月に入るとカード決済は使えなくなります。ご不便おかけしますがご了承の程...



そしてオンラインショップはメンテナンス休止の上で一応の継続の予定です。
そちらも引き続きご愛顧願えますと幸いです。


また軽いSNSの更新なんかもすると思います。するかな、するかも



てか、ここからこそ読んで欲しいような気もするんですが

※taufeという名は残すので、何か画策し、
いつか違う形態でお披露目の時が来る筈。

実はそう決めています。のでしんみりせず共に次の瞬間へ飛び込みましょう
各SNSアカウントも残しておこうと思います。いつかその時の為に...

「服屋」としてのtaufeにしか興味がない方は切っていただいて構わないのですが
もっと広義でtaufeを愛してくれる方、フォローはそのままで。(^ω^)



それでは。お読みいただき・・・・

というか


今まで!!本当にありがとうございました






何もないゼロ以下からのスタートだった僕がここまでやれたのは関わってくださった皆様のおかげです。

今思うと、楽しかったことや幸せ以外の・・・そう
悲しかったこと 辛かったこと 怒りに震えたこと、それらも全て宝物のよう。
これからの自分に反映させより深みのある人生を送る所存です。

強がりをひとつふたつ言うなれば、

壮絶なはじまりで壮大に広がるぼくの人生の暇潰し
それもまた一興で天晴だった


うっすらぼやけたお洒落 毒を拒み淡白で、あんまリアルさがない
そんなこの世界にぼくは激しすぎたね

いや~~楽しかった、本当にありがとうございました。



ではでは、ここではひとまずさようなら。


きっと本物であろうぬくもりと、、
心が安らぐ"帰る場所"がどこかにありますように



2020年5月11日月曜日

序章の終わり by Eisei


みなさんこんにちは、taufeのくせ毛担当Eiseiです




ブログではなかなかお久しぶりでございます

お久しぶりで、僕にとって最後のtaufeブログでございます

皆様はお元気でお過ごしでしょうか?


僕はというと最近髪を結んでいることが多いので、
くせ毛感がなくなっていることに危機感を持ち始めています。





あ、皆さん聞きました?
セレクトショップtaufe終わっちゃうらしいですよ(@_@;)


僕もなんだかんだここで働き始めて、1年ちょっと経ちました。





taufeの服がきっかけでファッションが好きになって、
募集もしてないのに無理矢理宮内さんにお願いしたのが始まりでした。
今思うとよくそんなやつ入れてくれたなぁって感じです笑


宮内さんの写真これしかなかったです笑笑


スタッフとしてこの期間、


真面目に働いたり
数え切れないほどミスしたり
taufe6周年のイベントで号泣したり
色々とやらかしながら走り続けてまいりました。


沢山の魅力的な服に触れて、
沢山の素敵なお客様やデザイナーの方々と出会い、
そしてなにより様々なかっこいい生き方を見てきました。

2020年3月30日月曜日

梅阪yoichi回顧録~春夏ピーク。



こんにちは。もう四月。春ですね。

お久しぶりです、宮内です。




既に桜が咲いていました。三月アタマ~中旬ですよ?いずれにせよ綺麗。

美しくも儚い純粋な印象と、そんな雰囲気を受けて心洗われます。



・・・・てか、え?これ桜っすよね?梅とかじゃない?教えてくださいw



さあ、、んー、、、







今、とてもとてもとてつのない重大な決め事をして
それに伴った皆様のtaufe(僕)への想いを感じ取ってます



・・・いきなりこんな出だし戸惑いますよね、ちょっと話を落ち着かせて....


阪急百貨店催事"yoichi"が終わりました。

ただでさえ厳しい時代の狭間+コロナの影響かな、
正直言って!!大不況の大惨事で幕でした。。

でもまあいい写真ですよね、この仕事をしてる・ここにいた記念碑。





そんな中でも駆けつけてくれた方々、会いに来てくれたみんな
大感謝です!!!




二年前に出店したとき、ブログ上で僕はこんなふうに書いていました。
「ハンガーラックの前であーでもないこーでもないって悩んでた若かりし自分が蘇った」

と。


悲しくもあるけど次世代への前向きな移り変わりでもあるのか、
世の中もうそういう「リアル」は減退しましたよね..きっと


服はもはや買わなくていいものなのか?写真に残ってればいいのか?
対面で、温度があり波長を感じてなくてそれが果たしてリアルと呼べるのか?


例えばそういったことをずーーーーっと考え続け打ち出してきました。





”服のチカラで自分が何者かになれたようで、その日がきらめいたりする経験、無いですか?
そこにファッションというものは詰まってる気さえするんです。自己満足でも全然イイ。

そもそも自己満足なんですよ、でも糧になるもの。
たとえば今日が輝いて見えたり明日が待ち遠しくなったり...
そういうものは立派な"生きるエネルギー"ですよね。

今に命を燃やして、今を精一杯生きなきゃ。”





こういう風に綴っていた僕、そしてそこから二年たった今の僕。人間なので変わっていなくはない。
でも思いとしてはコレのままですね、少なくともぼくにとっての服は。