2019年12月2日月曜日

よそいけず散歩道。(Dulcamara 2019aw よそいきシリーズ+BigチェックPO)



HAPPY WINTER!!

2019awも先月末にすべて出揃いまして、THE・充実





はい、こんにちは。

少しずつ涼しくなってきたかというタイミング..の次の日また暑くて結局・・
昨年にも増してそれを繰り返し過ぎだったよ2019!!


やっぱり服と気温気候は密接だなぁと感じます まあそりゃそうですよね
過去最高の充実とは自負できてますが店頭で皆様の選びにくさが伝わってくる。

今年もあと1ヶ月なのか~と期待や不安を入り混ぜながら、、
そんな歯がゆさも飲み込んで変わらぬスタンスでお待ちしてますね。






さてほんじつの小話ですけど30年くらいずっと行きたかった、
念願の琵琶湖疏水


蹴上インクラインを歩いて、歩いて、、


もうこれまでの人生で足を運んだ疎水という疎水の中でベストでしたね!!
こんなに素晴らしい疎水があるのか、やっぱり疎水ってこうでないとって感じ




いやー改めて疏水ってイイですね


皆様方の生活に疏水が足りてなくはないですか??



この疎水こそが風情ってやつでしたね..



疏水ね、、



うん




てゆうか




、疏水ってそもそもなんだっけ





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



疎水とか行こうとしたことない..

A : 動物園行こうと思ったら奇跡の休園だっただけやねん。それで仕方なく近くを散歩しただけやねん。
ていうか動物園に休園日とかあるの知らんかったです、ZOOセミプロなのに。リベンジあるのみ。

よそいきモードだったのによそにいけなかった僕たち、
ということでおあとがよろしいようなよろしくないような



しかし、しかしね、11月でも健全な寒さではなかったですよね。。

でしたがやっと、秋冬いい感じに着れますね現在!そしてこれからガッツリ長く寒いらしい

ってことでタイミングよく(?)よそいきシリーズのお披露目~~




では

Dulのよそいきシリーズ'19aw ver.

 を、本日はご紹介してゆきます。


やはり人気のシリーズだけあって完売や大幅な欠けも既に見受けられます





その昔、ここまで皆がこぞってよそいきよそいきとなるより以前



よそいきシリーズには、ブラックが無かったんです


今や(ほぼほぼ)ブラックをみんなが求めてる印象。
でも起源を辿ると中間色のセットアップ 淡く綺麗なカラー やさしいのに鋭いミニマルデザイン
それらは・それらこそはDulにしか出せないような世界観

今期で言うとサンドイエローこそがまさにその立ち位置と言えるでしょう


店頭によそいきを見に来られる方は多いですしお話も良くさせて頂きます

ブラック以外はセットアップじゃないと合わせにくそう
取り入れたことがない色だから使いにくそう

そういったお声ホント聞きます そして仰ってる意味もわからなくはないです

ですがそんなことなーーーい!!!と声を大にして言いたいです..
単独でもいくらでもいけますしむしろこの色合い風合いだからこそ幅が広がります

先ほど書いたよそいきの起源 それを踏まえてブラックではない方のよそいきカラー
チャレンジしてみてください きっと生活を・人生を彩ってくれます。

※ブラックももちろん素敵です。


そんな感じで来季もブラックじゃない方の色もしっかり入れますからね◎




それでは前置きが長くなりましたが今期よそいきのアイテム紹介です。



よそいきダブルジャケット


ゆったりサイジングですが無駄のないデザイン、裾周りは直線的なカットでシャープ。



よそいきWモッズロングコート



モッズコート+トレンチ+ライダースのような、唯一無二のなかなかに攻めたデザイン。





ショートもあります(ありました)。ポケットはポーチのような立体的な作り。





よそいきスリムテーパードパンツ


最もシンプルな形、股にマチを作り立体性をプラスしたシャープなライン。





よそいき3サイドパンツ


サイドシームを前後に設定し、3面仕様の独特なワイドシルエット。










よそいきトートBAG


ふろしきのような作りが可愛い人気アイテム。大判、かなりの容量。






定番のオーバータックパンツ



(↑このチェックPOも+αで最後にご紹介します)


大きくタックを入れた腰周り~立体感が出つつテーパードが効いておりスッキリ。




Dul秋冬ラストを飾るのはラスト納品でもあったコチラ


ビッグチェックプルオーバー ブルー



 太めの糸で織られた、適度な厚みのオリジナルチェック生地ウールプルオーバー。



裾にドローコード・首元には着脱時に便利なファスナー。シルエットアレンジも可能。




ビッグチェックプルオーバー グレー


ゆったりした身幅に対し袖はスッキリ目でルーズになり過ぎないです。


ドゥルならではの糸や織り・色使いは圧巻の表情じゃないですか?



フロント左腰にポケット×1のみのシンプルな仕様、デザインとのこのバランスも完璧◎





インにも◎◎



暖かな冬物、春先を見据えて使えるアイテム揃ってます




ぜひ改めてご覧下さい




















それでは本日はこのへんで。

お読みいただきありがとうございました。









taufe
〒604-0912 京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1 ヨシムラビル2F

OPEN14:00 ~ CLOSE20:00 (火・水曜定休)


Tel : 075-777-7079


twitter : @taufe_myu ( https://twitter.com/taufe_myu )

facebook : taufe712( https://facebook.com/taufe712 )

Instagram : taufe712( https://instagram.com/taufe712/ )






お取扱い :


 manic sneeuw / ANITYA



VOAAOV /  STEEAL / Other Brand






表題 : 決断の朝ぼらけ


2019年11月25日月曜日

おサグ(THUG)。prasthana 2019aw③ ~完納!!




こんにちは。

個人的なコトですが待ちに待った音源が届いてとりあえずすぐ店内BGMにしてみたんですが




うん、トラックはいい トラックは。割にオシャレだったりもするし。


ただ、ただリリックがtaufe店内だと聴き流せないと痛感しました・・


「大麻」

「刑務所」


的な、この二つの関連ワード出てきすぎ!笑

せっかくお洒落なセレクトショップなのに(自分で言うな)、
ガラの悪い・タチの悪いサグなお店だと思われる。

変な打ち出し方や僕の刺青とかでもう既に思われてたら元も子もないけど汗


※STOFのデジタルJQフルセットしたらウシジマくん感すごくてTHEサグになりました



サグなショップってどんなんだろう?ゴリゴリ押し売り?詐欺・横領?
真面目にやってきたから六周年まで来れたのにそんなイメージまっぴらだ。

というわけで舐達麻は大好きですが閉店後・残業中にしか流れなくなりましたとさ。



あ。

舐達麻のパンチラインに便乗させて頂きます。


"二条通り沿い 衣類買いに来い"








さて本日はプラスターナ秋冬ブログ第三弾。(完納)





ボリュームたっぷりなので第一弾から是非読んでください。




コットンポリエステル混紡のテレコ素材ロングスリーブカットソー。



オールシーズン使いやすく、タフで機能性高くガシガシ使える生地。


洗濯にも強く(←これ嬉しいポイント)通年着用していただけます。






シルケット加工により滑らかで毛羽の少ないクリアな仕上がり。



ややゆるめのシルエットに前後差のついた裾がアクセント。



三色目は安定の黒。



 秋冬のインナーとしても大活躍間違いない。






裾の出方も動きがつくので単なるレイヤードより1ランク上に見せれます♪



続いて圧倒的クオリティを誇る残響のセットアップ。


クラシカルで綺麗なセットアップ



音楽用語でもある残響というキーワードから着想された、レイヤードデザインのロングジャケット。


 表情が非常に綺麗に表れる玉虫のグレー。&もう一色は鉄板のブラック(完売)。


目の詰まった高密度ギャバジンでしっかりとしたウール生地。








裏は肌あたり抜群のサテン地。


同素材残響のレイヤードデザインイージートラウザー。





ベルトの存在感・フロントにミニマルなワンタック。楽ちんな穿き心地ながら綺麗でシックな印象も強い。



無論セットアップは色気たっぷり最高。
単独でもコーディネートに艶を持たせられます。


裾は表裏を縫い合わせず裏地からそのまま繋がる独自的なレイヤード、動きも特徴的。


主張はきつすぎず、程よいラインで最高の美しさを生み出しています。 



ラストスパート!!



ボアブルゾン(ボアコートとも)に定番のふかふかあったかタートル。


表地にきめ細かなポリエステルマイクロ糸を使用、光沢感あるボアの表情が美しい。





裾にはゴムと紐を内蔵、絞りを効かせシルエットアレンジも可。




ミリタリーのライナーのような印象もあり、ラフに使えます。カジュアルにもOK



フロントジップに沿った切り替えや大ぶりで立体的なポケットが特徴的。
ポケットは蓋付きでインアウトどちらも使えます。



程よい厚みと綺麗なアウトラインのゆったりシルエットで、インに着込んでも重くならないですよ◎






裏側が毛布のような起毛生地



暖かく肌触りの良い定番アイテム。









適度に緩い首周りは折り返したりそのままクシュッとしたり。





両サイドには深めのポケット。しっかり実用的。


こういう系のトップスは重さが気になるところですが、滑らかで裾スリットも入っていて本当にスッキリです。



一枚で/冬場はインナーに、デイリーユース◎ コストパフォーマンスも最高。



最後はヘビーアウター類で締め。


ツヤ感のあるエコファーを使用したボリュームあるベスト。


アウターの上から着用できるようにアームホールが広く、ゆとりのあるシルエット。


中綿は前身頃にしっかりと詰められ、着用時のシャープなバランス感を考慮。



ファスナーは斜めに入っており、前開けやボタン留めでのアレンジも◎


ハズしにも使いやすく、一気に雰囲気を持たせたり幅を広げたり他と差をつけたり。





美しい毒気のある裏地やポケット裏のペイズリージャカードも目をひきます。


上部のボタンはロック式で、ボタンの頭を引っ張りながら外す仕様。


ベストとして・アウターライクに・ライダースのニュアンスで・・とコーデ幅を持たせられます。